無料ホームページなら お店のミカタ - 

■ 神秘の真珠 サイレントブルー 冨栄パール | サービスメニュー | 蒲江 冨栄パールの周辺情報


■ 神秘の真珠 サイレントブルー 冨栄パール

WEBはこちら

MOBILEはこちら

TEL : 0972-45-0386

お知らせ

2016/02/05

サイレントブルー2016  浜揚げしました!

2015/11/26

☆2016年浜揚げ サイレントブルー 予約受付開始

2015/02/05

2015年6月中旬より、待望のパールパック(真珠化粧品)販売開始。予約受付中!

住所・TEL

住所
〒876-2201
大分県 佐伯市蒲江大字畑野浦188-2 有限会社冨栄パール

TEL
0972-45-0386

■ 神秘の真珠 サイレントブルー 冨栄パール サービスメニュー

TOP > ■ 神秘の真珠 サイレントブルー 冨栄パール サービスメニュー > 蒲江 冨栄パールの周辺情報

蒲江 冨栄パールの周辺情報

冨栄パール周辺のパワースポット巡りはいかが・・・


大自然の蒲江の海

日本初代の天皇、神武天皇が日向(宮崎県)を出立後、佐伯市蒲江の沖を過ぎたあたりで台風の余波を受け、寄港地を求めた船団が畑野浦の宮地ヶ浦に上陸しました。神武天皇一行はこの浜に一本の旗を立てて一休みした事から、のちに「旗立ての浜」と呼ばれるようになりました。 蒲江の海


  伊勢本神社 さらに神武天皇は、畑野浦の長山のふもとに御宮を立て、嵐が早く静まるように祈願し、十二本の矢を弓につがえ、海に打ち込みました。(この海でサイレントブルーは養殖されています。)

のちに御宮を立てた場所に「伊勢本神社」が建立され、神武天皇が祀られています。伊勢本神社のご神体は、神武天皇が祈願するときに使った、水を入れる壺だと言われています。



伊勢本社1伊勢本社2伊勢本社3  


神武天皇東征 やがて嵐はおさまり、神武天皇一行は米や水を積み込んで出港しました。
村人たちは浜の2つの小岩にしめ縄を張り、灯明をつけ、神武天皇一行の航海安全を祈りました。
現在でも地元の住民は嵐の時に、この2つの小岩に灯明をともすと、嵐がおさまると信じています。
のちに、この小岩の近くに「江武戸神社」が建立され、神武天皇が祀られました。
江武戸神社の鳥居は海岸に突き出すように作られていて、満潮時は波に洗われます。


神武天皇東征4神武天皇東征1神武天皇東征2神武天皇東征3


  参考資料 古事記、日本書紀、神武東征、伊勢本神社伝承

神武旗立の浜  #mce_temp_url#

 

サービスメニュー 一覧へ戻る


このページのトップへ

【PR】 沖縄青の洞窟ショップ マリンパレット株式会社トオムエートRiange~リアンジュ~家庭教師step-up桂不動産株式会社 竜ヶ崎支店/賃貸センター